--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊集院光が語る「THE MANZAIは誰の漫才がお好きでしたか?」

02:36

2011年12月25日に配信されたTBSラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」のポッドキャストにて、伊集院さんがTHE MANZAI(ザマンザイ)について語っていた。ラジオネーム「用心坊主」さんの『THE MANZAIは誰の漫才がお好きでしたか?』という質問を取り上げて、ナイツや千鳥やHi-Hiなど具体的なコンビ名を挙げて伊集院さんなりのTHE MANZAIの感想を述べていた。伊集院光

■会話をしている人

伊集院光
河野かずお(お笑い芸人)
江波戸邦昌(お笑いトリオ「オテンキ」)



スポンサーサイト

ダイノジ大谷が語る「THE MANZAI打ち上げでのHi-Hiの素敵な話」

17:10

2011年12月27日に放送されたTBSラジオ「ニュース探求ラジオDig」にてダイノジの大谷ノブ彦さんがTHE MANZAI(ザマンザイ)での活躍で脚光を浴びているお笑いコンビ「Hi-Hi(ハイハイ)」について語っていた。
■会話をしている人

大根仁(クリエイティブデレクター・映画監督)
江藤愛(TBSアナウンサー)
大地洋輔(お笑いコンビ・ダイノジ)
大谷ノブ彦(お笑いコンビ・ダイノジ)
岡宗秀吾(テレビディレクター)



ダイノジの大谷ノブ彦さんが語る「M-1とTHE MANZAIの違い」

02:10

2011年12月23日に放送されたTBSラジオの「ニュース探究ラジオDig」にて「THE MANZAIに見る 漫才師の今とこれから!」というテーマでダイノジの大谷ノブ彦さんがM-1とTHE MANZAIの違いについて語っていた。
■会話をしている人

大根仁(クリエイティブデレクター・映画監督)
江藤愛(TBSアナウンサー)
大地洋輔(お笑いコンビ・ダイノジ)
大谷ノブ彦(お笑いコンビ・ダイノジ)
岡宗秀吾(テレビディレクター)



糸井重里が語るビジネス論『好きとか愛してるは危険。好き以上に重要なのは一生懸命やること。』

23:29

2011年12月16日に放送されたTBSラジオの『柳瀬博一・Terminal』にコピーライターの糸井重里さんがゲスト出演していた。話の中心は糸井重里さんが監修・解説した書籍『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』について。糸井重里
マーケティングの世界で「FREE戦略」が話題になっている昨今。だが、40年以上前から自分たちの音楽を無料で配ったり、コンサートを録音OKにして、コピーもさせ放題にしていたバンドが存在した。それがグレイトフル・デッド。ビートルズよりもローリング・ストーンズよりも稼いだバンドだ。

グレイトフル・デッドは今まさに注目されている『フリー』や『シェア』を体現していた。そんな彼らの存在を知り「ほぼ日刊イトイ新聞」はスタートさせたという糸井重里さんがグレイトフル・デッドにも通じる自身のビジネス論を語っていた。



■会話をしている人物

糸井重里(コピーライター)
柳瀬博一(日経ビジネス オンライン プロデューサー)
南部広美(フリーアナウンサー)



伊集院光が語る「自分のラジオ番組でのCMに入るタイミング」

15:47

2011年12月10日に配信されたTBSラジオの「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」のポッドキャストにて、伊集院光さんがリスナーから届いた質問に答えていた。


ラジオネーム『塩分控えめなクリスマス』さんから届いた質問は以下の通り。
『ラジオを聞いていて疑問に思っているんですが、伊集院さんが話をしていてオチを言ったタイミングでCMに直ぐ入れるのは何故なんでしょう?ディレクターさんの判断でCMに入っているんでしょうか?それともCMに入るタイミングが元々決まっていて、それに合わせて伊集院光さんが話を落としているんでしょうか。インターネットで調べたんですがよく分からなかったので是非教えてください。』

この質問に対して伊集院さんは「たまには真面目に答えるか」とラジオ放送の裏側を語ってくれた。



■会話をしている人

伊集院光(お笑い芸人)
河野かずお(お笑い芸人)



スポンサード リンク



最新記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。