--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済学者・飯田泰之が語る『弱者に冷たい安倍政権をポジ出しする』

05:17

2013年3月27日に放送されたTBSラジオ『ニュース探究ラジオDig』のテーマは「アベノミクスと社会保障」でした。第1期安倍政権では弱者に冷たい政策をとったものの『良家出身で弱者の痛みを理解できなかった安倍首相自身が病を経験したことで第2期政権はこれまでと変わるかもしれない』と希望を込めて解説した経済学者の飯田泰之さん。しかし安倍総理の施政方針演説を聞いて『冷たい印象を受ける』と話す自身が難病患者でもある大野更紗さん。最終的に、どのようにして『ポジ出し(「ダメだし」の反対語)』するのか話していました。飯田泰之



■会話をしている人物

飯田泰之(経済学者 / 明治大学政治経済学部准教授)
大野更紗(作家 / 自己免疫疾患系の難病を抱えている)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
外山惠理 (TBSアナウンサー)


 
スポンサーサイト

飯田泰之・大野更紗が語る『生活保護不正受給と福祉政策とメディア報道』

03:15

2013年3月27日に放送されたTBSラジオ『ニュース探究ラジオDig』のテーマは「アベノミクスと社会保障」。自民党政権における福祉政策の現状や安倍首相の福祉観の考察などが話される中で、昨今メディアで話題になっている生活保護不正受給問題について話が及んでいました。世間の注目度と不正受給の実情に余りにギャップがある、その原因と対策などが話されていました。飯田泰之と大野更紗


■会話をしている人物

大野更紗 (作家 / 自己免疫疾患系の難病を抱えている)
飯田泰之 (経済学者 / 明治大学政治経済学部准教授)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
外山惠理 (TBSアナウンサー)


 

カンニング竹山が語る『ニュース探究ラジオDigが打ち切られた理由』

19:00

2013年3月25日に放送されたTBSラジオ「ニュース探究ラジオDig」でカンニング竹山さんがDig打ち切りの理由を話していた。この日が最後の放送となったカンニング竹山さんの月曜dig。番組の終盤のコラムコーナー「黒ぶちメガネ」で、過去の放送を振り返りつつ、聴取率が好調なのに終了するDigを惜しみながらも、番組打ち切り理由について語っていました。
■会話をしている人物

カンニング竹山(竹山隆範 / お笑い芸人)
外山惠理 (TBSアナウンサー)


 

伊集院光、ピエール瀧が語る『今いじめられているお前、将来伸びるから!(笑)』

23:00

浅草キッドの水道橋博士著『藝人春秋』を読んでいたら「爆笑”いじめ”問題」という章で「伊集院光 日曜日の秘密基地」でのピエール瀧さんと伊集院光さんの話が紹介されていました。聴いた記憶もあったので録音データを確認してみたら保存していたので今更ながら2006年11月12日に放送されたTBSラジオ「伊集院光 日曜日の秘密基地」のトークを書き起こしました。ピエール瀧と伊集院光
水道橋博士が『藝人春秋』の中で「最近のいじめ問題を語る”言霊”の中で、一番しっくりきた。」という放送です。喋るのもままならない程、まさに爆笑しながらもいじめを語る2人。だけどと言うか、だから伝わるものがあります。この文章が自殺を考えている何処かの誰かの目に触れて「無駄に生きてみるか」とでも思ってくれたら、と願っています。



■会話をしている人物

ピエール瀧 (ミュージシャン / 電気グルーブ)
伊集院光 (お笑い芸人)
竹内香苗 (TBSアナウンサー)
 

 

玉袋筋太郎が語る『京都の雑居ビルにあるスナックでの思い出』

01:53

2013年3月22日に放送された「小林悠たまむすび」は赤坂サカスから公開生放送。大勢のリスナーを目の前にして「京都と私」というテーマでトークは進み、玉袋筋太郎さんが真っ先に話したのが京都のとあるスナックでのエピソードでした。短い話ですが、ほのぼのと笑える話です。
■会話をしている人物

玉袋筋太郎 (お笑いコンビ「浅草キッド」 / 全日本スナック連盟の会長)
小林悠 (TBSアナウンサー)

 

町山智浩が語る『映画で学んだ正しいウィスキーの飲み方』

23:03

2013年3月28日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」で、町山智浩がウィスキーの飲み方について話していた。この日の映画評論コーナーは『天使の分け前』というウィスキーを扱ったコメディ映画について。そして話はウィスキーの飲み方について及び、『映画の情報や後で調べたり近所の酒屋さんに聞いたのだけど』と前置きして話していたのが今回の話です。町山智浩

■会話をしている人

町山智浩 (映画評論家)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)
山里亮太 (お笑いコンビ「南海キャンディーズ」)


 

真心ブラザーズが語る『不安な世の中を毎日愉快に過ごすコツ』

02:38

2013年3月24日に放送されたTOKYO FM「優香のココカラゲンキ」に、日本のロックバンド「真心ブラザーズ」のYO-KINGさんと桜井秀俊さんがゲストで登場していた。傍から見て、いつも元気で愉快で楽しそうな真心ブラザーズのお二人。そんなお二人に優香さんが「毎日快適に過ごすコツはあるか?」と質問したんですが、その答えがまた個人的にはイメージ通りで嬉しくなりました。いい話です。


■会話をしている人物

優香 (タレント)
YO-KING (よーきんぐ / 真心ブラザーズ / メインボーカル)
桜井秀俊 (真心ブラザーズ)


 

陰山英男が語る『”子供を褒めて伸ばす”の発展テクニック』

20:03

2013年3月7日に放送された放送されたTBSラジオ「水道橋博士の木曜WANTED!!」では、「百ます計算」でお馴染みの立命館小学校・副校長の陰山英男(かげやま・ひでお)さんが登場。「算数!」というテーマで初等教育の極意などが語られていた。そしてエンディング近くに語られたのが『子供を褒めて伸ばす』を発展させたテクニックでした。個人的には以前タマフルで、あるモテ男が語っていた『聞き上手では不十分。関心上手であれ。』という言葉と同じくらいインパクトがある話でした。
■会話をしている人物

陰山英男 (立命館小学校・副校長 / 大阪府教育委員会委員長 / 「100ます計算」考案者)
水道橋博士 (漫才師 / お笑いコンビ「浅草キッド」 / 3人の子供あり)
山内あゆ (TBSアナウンサー / 3人の子供あり)

 

田原総一朗が語る『中国人ジャーナリストの台頭と沈む日本ジャーナリズム』

18:52

2013年3月22日に放送されたTOKYO FM「田原総一朗のタブーに挑戦!」で田原総一朗さんが日本と中国のジャーナリズムの現状について語っていた。日中ジャーナリスト交流会に参加した田原さん、そこには言論統制というイメージから遠くかけ離れた中国人ジャーナリストの姿かあり、一方で日本メディアはウケ狙いで不毛な中国批判を展開しているというお話です。
■会話をしている人物

田原総一朗 (評論家・ジャーナリスト)
本郷明美 (フリーライター)


 

武井壮が語る『試合に向けての準備について』

23:02

2013年3月25日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」で元10種競技日本チャンピオンの武井壮さんがリスナーからの質問に答えていました。『総合格闘技をやっているものの就職をするため引退をする。その最後の引退試合で勝つために、どのような準備が必要か?』。果たして武井さんの答えとは・・?ビビる大木

■会話をしている人

武井壮 (タレント / 元10種競技日本チャンピオン)
ビビる大木(お笑い芸人)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)


 

伊藤真弁護士が回答『日本国憲法は米国に押し付けられた?成り立たない議論です。』

02:52

2013年3月21日に放送されたTBSラジオ『ニュース探究ラジオDig』は、「護憲、改憲を言う前に・・・憲法とは何かを考える。」がテーマでした。ゲストに司法試験予備校の『伊藤塾』を主宰する伊藤真弁護士を迎え、日本の憲法について掘り下げた議論がなされていたのですが、印象的だったのが『日本国憲法は米国に押し付けられたのでは?』という意見に対する伊藤弁護士の回答です。
■会話をしている人物

伊藤真 (弁護士 / 資格試験指導校「伊藤塾」を主宰)
青木理(あおきおさむ / ジャーナリスト)
江藤愛(TBSアナウンサー)


 

伊藤真弁護士が語る『ご存知ですか?日本国民は憲法を守る義務なんてありません。』

18:33

2013年3月21日に放送されたTBSラジオ「ニュース探究ラジオDig」では、司法試験予備校として名高い『伊藤塾』を主宰する伊藤真さんがゲストに登場。「護憲、改憲を言う前に・・・憲法とは何かを考える。」というテーマで日本国憲法についてアレコレ議論されていた。そして冒頭あたりで伊藤さんが仰ったのが「日本国民は憲法を守る義務なんてありません。」という話です。なんでも、日本国憲法の根底には立憲主義という思想があるようで・・・。また自民党が作成した憲法草案がトンデモナイ内容だという話も・・・。
■会話をしている人物

伊藤真 (弁護士 / 資格試験指導校「伊藤塾」を主宰)
青木理(あおきおさむ / ジャーナリスト)
江藤愛(TBSアナウンサー / 青山学院大学文学部英米文学科卒)


 

久米宏が語る『東京オリンピック招致の最大のネックを誰も言わない不思議』

01:35

2013年3月16日に放送されたTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」にて久米宏さんがオリンピック招致に関して鋭い指摘をしていた。久米さん曰く、東京オリンピック招聘において最大のネックをマスコミも東京都も日本オリンピック委員会も誰も語らないそうで・・・。久々に久米さんのラジオを聞いたら、久米さん節が健在で嬉しくなりました。久米さんらしい『タブー無し』のお話です。久米宏

■会話をしている人物


久米宏 (フリーアナウンサー)
堀井美香 (TBSアナウンサー)


 

小田嶋隆が語る『田中角栄の大蔵大臣に就任時の言葉とWBC山本監督』

22:57

2013年3月20日に放送されたTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』でコラムニストの小田嶋隆さんが先日惜しくも準決勝で敗退してしまったWBCについて話していた。大物政治家、田中角栄氏が大蔵大臣に就任した際に述べた言葉を紹介しつつ、理想の上司論を語っていました。左寄りな印象の小田嶋さんが田中角栄さんの言葉を紹介することに新鮮に思ったり、田中角栄さんの言葉の力に感心したり・・・。いい話です。小田嶋隆



■会話をしている人物

小田嶋隆(コラムニスト)
赤江珠緒(フリーアナウンサー)
博多大吉 (お笑いコンビ「博多華丸大吉」)


 

玉袋筋太郎が語る『大学受験に失敗して落ち込む息子に伝えた言葉』

18:58

2013年3月8日に放送されたTBSラジオ「たまむすび」にて金曜レギュラーの玉袋筋太郎さんが息子さんについて話していた。なんでも玉袋さんの息子さんは高校卒業後に大学進学を望んでいたらしいのですが落選。落ち込む息子に掛けてあげたという言葉は玉袋らしく、ぶっきら棒ながら愛情に溢れていました。
■会話をしている人物

玉袋筋太郎 (お笑い芸人、浅草キッド)
小林悠 (TBSアナウンサー)

 

水道橋博士が語るマラソン論『出場しようと思った時点で完走できている。』

17:32

2013年2月14日に放送されたTBSラジオ「水道橋博士の木曜WANTED!!」のオープニングトークで、お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士がマラソンについて語っていた。フルマラソンの完走率を紹介しつつ「フルマラソンに出場しようと思った時点で完走できている。」と語る博士。それはまるで人生訓にも聞こえました。水道橋博士

■会話をしている人物


水道橋博士 (漫才師 / お笑い芸人)
山内あゆ (TBSアナウンサー)

 

赤江珠緒が明かす沢尻エリカ涙の謝罪の裏話『植木職人と義侠心とももいろクローバーZ』

17:51

2013年2月19日に放送されたTBSラジオ『たまむすび』にプロインタビュアーの吉田豪さんがゲスト出演していた。そこで話題にあがったのが女優の沢尻エリカさんと赤江さんとのエピソード。2007年10月に情報番組『スーパーモーニング』での沢尻エリカとの涙の独占インタビューでインタビュアーを務めていた赤江さん。実は今まで語ることを躊躇していた裏話があるそうで・・・。いい話です。沢尻エリカ涙の謝罪



■会話をしている人物

赤江珠緒 (フリーアナウンサー)
吉田豪 (プロインタビュアー)
山里亮太 (お笑い芸人 / 南海キャンディーズ)

 

スポンサード リンク



最新記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。