--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道・平岡拓晃が語る【謝る自分を抱きしめて一緒に泣いてくれた井上康生という男】

19:09

2013年3月31日にTOKYO FMで放送された「陰山英男のトップアスリートインタビュー」に、ロンドン五輪柔道男子60kg級銀メダリストの平岡拓晃選手が登場。平岡さんが、柔道人生で対面した逆境を振り返って話してくれていました。往々にしてメディアは勝者のストーリーしか伝えないものですから、平岡選手のように苦汁を味わった人間のストーリーは非常に貴重です。平岡拓晃と井上康生

■会話をしている人物

陰山英男 (立命館大学教授・立命館小学校副校長)
平岡拓晃 (ロンドン五輪柔道男子60kg級銀メダリスト)


 
スポンサーサイト

鈴木敏夫が語るジブリ声優選定秘話【木村拓哉はホントに凄かった。小林薫は勘違い。】

01:49

2012年11月30日に放送されたTOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」では、大田出版書籍編集長の村上清さんの依頼で元雑誌編集者という立場で大田出版の全社員24名の前でおこなわれた講演の音声が配信されていました。そこで鈴木さんが話していたのが、ジブリの声優選定秘話です。ハウルの動く城で主役のハウルの声をSMAPの木村拓哉さんに決めた経緯について。もののけ姫のジゴ坊の声は小林薫さんではなく小沢昭一さんが務めていたかもしれなかった話など、かなり貴重なお話です。鈴木敏夫

■会話をしている人物

鈴木敏夫 (映画プロデューサー / 株式会社スタジオジブリ代表取締役)
大田出版全社員24名 (※講演なのでリアクションのみ)


 

鈴木敏夫が語る【宮崎駿が教えるのが好きなのに教えるのが下手な理由】

23:06

2010年6月27日に放送されたTOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんとの対談が放送されていた。そこで話されていたのがジブリの若手育成について。鈴木さん曰く、ジブリは若手育成が上手くっていなくて、それには原因があるのだとか。果たしてその原因とは?

あと余談ですが、この会話での田村淳さんの合いの手が印象的でした。鈴木さんが喋ってことに対して淳さんは「それってこういうことですよね?」と常に確認しているんですね。会話の極意として勉強になりました。
宮崎駿




■会話をしている人物

鈴木敏夫 (映画プロデューサー / 株式会社スタジオジブリ代表取締役)
田村淳 (お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」)


 

久米宏が語る報道哲学と地雷原を無邪気にダッシュする赤江珠緒の真骨頂

07:33

2013年4月17日に放送されたTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』にはゲストに久米宏さんが登場。ちょっとした伝説の回になりました。まぁ1度で2度おいしい話です。久米さんの報道哲学と赤江さんの天然ぶりを存分に堪能できます。

この日の放送でも話していましたけど赤江さんってテレビとラジオでは全くキャラが違うんですよね。テレビでは芯の通った強い女性みたく写っているけどラジオではおバカな発言を連発する天然いじられキャラ。まるで別人です。今回は、その二つの赤江さんが入り混じって事故っちゃってます。大先輩の久米さんにキャスターとしての心得を聞いて、久米さんが最高に気持ちよくなっているところで自ら地雷を踏む。失礼に気付いて慌ててフォローするも小田嶋さんがダメ押しみたいな。最高です!
久米宏と赤江珠緒



■会話をしている人物

久米宏 (フリーアナウンサー)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)
小田嶋隆 (コラムニスト)
博多大吉 (お笑いコンビ「博多華丸大吉」)




福原愛が語る卓球『今まで20年間。1試合として自分の為に戦ったことはないです。』

01:12

2013年4月21日に放送されたJ-WAVE「25歳の肖像」で、J-WAVEと同じ1988年生まれの女優の堀北真希さんと卓球の福原愛さんが対談をしていました。何気なくラジオを聞いていたのですが、福原愛さんが素敵過ぎて青ざめました。ふと思い出したのが数年前のNHK特番。松井秀喜選手が「中学2年から人の悪口を言ったことは1度もありません。」と断言していた放送です。福原愛選手も松井秀喜選手も一流のアスリートと同時に一流の人間ですね。堀北真希と福原愛



■会話をしている人

福原愛 (卓球選手 / ロンドンオリンピック卓球女子団体銀メダル)
堀北真希 (女優)



 

秋元康が語る『弱っている日本の製造業にアドバイスしたいこと。』

01:02

2013年4月20日に放送されたJ-WAVE「MakeIT21」に、AKB48プロデューサーの秋元康さんが登場。社会現象ともなったAKB48についてや海外でのビジネスについてなど秋元さんのビジネス戦略について話がされていました。そこでショーンKさんの「日本の製造業に秋元さんがアドバイスをするとしたら?」という質問に、秋元さんが答えていました。ショーンKと秋元康


■会話をしている人

秋元康 (プロデューサー / 作詞家 / 脚本家)
ショーンK (経営コンサルタント / 本名はショーン・マクアードル川上)



 

ケンドーコバヤシが語る『加藤浩次と千原ジュニアの確執。名古屋事件の真相。』

19:24

2013年3月22日に放送されたTBSラジオ「極楽とんぼ・加藤浩次の金曜Wanted!!」にて、ケンドーコバヤシさんが千原ジュニアさんと加藤浩次さんの確執の発端となったとされている「名古屋事件」について話していました。去年『めちゃめちゃイケてる』で、加藤さんとジュニアさんが20年ぶりの共演を果たした時に話していたエピソードですが、一部始終を傍で見ていたケンドーコバヤシさんがより詳しい内容を話してくれました。
■会話をしている人

加藤浩次 (お笑いコンビ「極楽とんぼ」)
遠藤章造 (お笑いコンビ「ココリコ」)
ケンドーコバヤシ (お笑い芸人 / ハリガネロックのユウキロックは元相方)
小杉竜一 (お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」)


 

山口香が語る体罰指導 『強化コーチの役目はやり過ぎる選手を止めること』

17:14

2013年4月18日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」」には、筑波大学大学院准教授で女子柔道界のパワハラ問題告発でも大きな役割を果たした山口香さんが登場。「スポーツ界から暴力をなくすには?」というテーマで話がされていました。山口さんが体罰による指導について苦言を呈していました。山口香

■会話をしている人物

荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)
山口香 (柔道世界選手権 金メダリスト / 筑波大学大学院准教授 / 全日本柔道連盟女子強化委員 / 東京都教育委員会教育委員)


 

堀江貴文が語る『タイムマシンに乗って昔の自分にアドバイスしたいこと』

00:56

2013年4月19日に放送したTOKYO FM「よんぱち 48hours」にホリエモンこと堀江貴文さんがゲストで登場。2011年6月から長野刑務所に服役して2013年3月27日に仮釈放したばかりの堀江さんが刑務所で学んだこと、6、7年前の自分にアドバイスしたい事などを話していました。堀江貴文

■会話をしている人物

堀江貴文 (元ライブドア社長)
鈴木おさむ (放送作家)
三浦茉莉 (みうらまり / フリーアナウンサー)


 

鈴木敏夫が語る『月間売上6枚から大ヒット!崖の上のポニョで実践した広告戦略』

19:37

2009年6月9日に放送されたTOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」に、クリエイティブディレクターの箭内道彦さんがゲストで登場。タワーレコードや資生堂や東京メトロなどヒット広告を手掛けてきた箭内さんと長年スタジオジブリの広告を仕切ってきた鈴木さんが広告について話していました。そして、鈴木さんが話していたのが崖の上のポニョの事例。50万枚の大ヒットを記録した主題歌も発売当初は全く売れず、月間売上6枚だったとのこと。果たして、どのような広告戦略をとって大ヒットに導いたのか?一般的に面白い話かどうか分かりませんが、仕事柄こういう話は大好きです。鈴木敏夫




■会話をしている人物

鈴木敏夫 (映画プロデューサー / 株式会社スタジオジブリ代表取締役)
箭内道彦 (やないみちひこ / クリエイティブディレクター)


 

青木理が語る『主権回復の日と憲法改正。安倍政権の矛盾。』

04:58

2013年4月8日に放送したTBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」にてジャーナリストの青木理さんが安倍政権が制定を検討としている報道されている(その後、正式に決定した)『主権回復の日』について語っていました。サンフランシスコ講和条約が締結した日を主権回復の日とした安倍政権。そこには2つの問題があるようです。ひとつは沖縄。もうひとつは憲法改正。青木理


■会話をしている人

青木理 (あおきおさむ / ジャーナリスト)
荒川強啓 (フリーアナウンサー)
片桐千晶 (フリーアナウンサー)


 

カラテカ入江慎也が語る『初対面の人と最初に話すべき話題』

14:58

2013年4月10日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に、お笑い芸人・カラテカの入江慎也さんが登場。『後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ』という著書も出版するなど、芸能界屈指の人脈を持っているという入江さんに、「友達5000人の僕が教えるコミュニケーション術」というテーマで話をしていました。そこで荻上チキさんが質問したのが「初対面で何を話すべきか?」という質問。果たして入江さんの答えは・・・?カラテカの入江慎也



■会話をしている人

入江慎也 (お笑いコンビ「カラテカ」)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)


 

水道橋博士が語る『偶然に偶然が重なり猫肌が立った話』

12:14

2011年5月6日に放送された『小島慶子 キラキラ』で水道橋博士が身近に起こった奇跡的な体験談を語っていました。この日のコラムコーナーで千原ジュニアさんの『すなわち、便所は宇宙である』という本を紹介していた博士。なんでも、この本の終わりに千原ジュニアさんと水道橋博士の対談が収録されているのだとか。そこで紹介されているエピソードが今回の話。オチがあったと思ったら何度もオチが続く、という千原ジュニアさんの本の内容と同じように、偶然が何度も重なったという猫ひろしさんとのエピソードです。水道橋博士




■会話をしている人

水道橋博士 (お笑いコンビ「浅草キッド」)
小島慶子 (ラジオパーソナリティ)


 

水道橋博士が語る『関東人が仰天!関西で8枚切りの食パンが見当たらない理由』

19:13

2013年3月21日に放送されたTBSラジオ「水道橋博士の木曜WANTED!!」で、ABC(朝日放送)の夕方の報道番組『キャスト』で水曜レギュラーを務めている水道橋博士が番組内で知ったという話を『どうせ関西でしか流れていないし。コレあまりに良い内容だったんで今日ラジオで言っちゃおう』と紹介していました。なんでも、関西では食パンの8枚切りが売られておらず、関東ではほぼ売られていない5枚切りが一番人気だとか。果たしてその意外な理由とは・・?



■話をしている人

水道橋博士 (お笑い芸人 / 浅草キッド)
山内あゆ (TBSアナウンサー)
松崎まこと (放送作家)




小田嶋隆が語る『アメリカ人が日常的にジョークを言う理由』

03:08

2013年4月3日に放送されたTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』でコラムニストの小田嶋隆さんがアメリカ人のジョークについて話していた。この日は、先日のエイプリルフールについての話から、アメリカ人が日常的にジョークを言う理由を話していました。『ほぉ~。』って話です。小田嶋隆

■会話をしている人物

小田嶋隆(コラムニスト)
赤江珠緒(フリーアナウンサー)
博多大吉 (お笑いコンビ「博多華丸大吉」)


 

博多大吉が語る『福岡から東京に行ってカンニング竹山とヒロシの人格が入れ替わった』

02:27

2013年4月3日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」で、博多華丸・大吉の大吉さんが「たまむすび」の新レギュラーとなったカンニング竹山さんについて語っていた。福岡吉本の同期で若手時代からの付き合いだという大吉さんと竹山さん。なんでも、1年で福岡吉本を辞めて東京に出て行ったカンニング竹山さんとヒロシさんが東京でキャラが大きく変わっているらしく・・。博多大吉


■会話をしている人物

博多大吉 (お笑いコンビ「博多華丸・大吉」)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)


 

カンニング竹山が語る『上島竜兵にギャグをパクられ泣きながら土下座された話』

18:39

2013年4月1日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」で、ビビる大木さんに代わって月曜新レギュラーとなったカンニング竹山さんが登場。赤江さんや武井さんやとお互いに質問し合いながらアレコレ話していたのですが、その中で飛び出したのがダチョウ倶楽部の上島竜兵さんと出川哲郎さんの喧嘩のあとにキスをする定番のギャグは実は竹山さんが考えていたという話です。キスギャグの誕生から竜兵さんの涙の謝罪など笑えるエピソードです。
■会話をしている人物

カンニング竹山(竹山隆範 / お笑い芸人)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)
武井壮 (タレント / 元10種競技日本チャンピオン)


 

玉袋筋太郎が語る『インサイダー取引で巨万の富を築いた祖父の葬式』

19:04

2013年3月21日に放送された「赤江珠緒たまむすび」で、たまむすび金曜レギュラーでもある浅草キッドの玉袋筋太郎さんがゲスト登場していました。赤江さんと玉さんは共に本名を『赤江』という珍しい名字を持っていることから、血縁の話に及び、玉さんが話しだしたのがお爺様についてでした。玉さんのご両親はオカマスナックを経営していた事は有名ですが、お爺さまは父親を超えるくらいファンキーなのでした。
■会話をしている人物

玉袋筋太郎 (お笑いコンビ「浅草キッド」 / 本名は赤江祐一)
ピエール瀧 (ミュージシャン/電気グルーブ)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)

 


齋藤孝が語る『忘れようがない学生時代の安住紳一郎アナウンサーの話』

14:07

2013年3月21日に放送されたTBSラジオ「水道橋博士の木曜WANTED!!」に、『声に出して読みたい日本語』でもお馴染み、 明治大学教授の齋藤孝さんがゲストに登場。明治大学で教え子であった安住紳一郎アナウンサーについて語っていました。『忘れようがない』という学生時代の安住アナのエピソードや、TBSで放送中の『ニュースキャスター』で共演して思ったことなどを話していました。とにかく安住紳一郎アナのファンは必読です。
■会話をしている人

齋藤孝 (教育学者 / 作家 / 明治大学文学部教授)
水道橋博士 (漫才師 / お笑いコンビ「浅草キッド」)
山内あゆ (TBSアナウンサー)


 

津田大介が語る『テレビよりラジオに出演した方が寄付金が集まる理由』

04:30

2013年4月1日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ Session-22」に、ジャーナリストの津田大介さんがゲストに登場していた。そこで、『これからラジオメディアはどうなると思いますか?』というリスナーからの質問が届き、津田さんが具体的なエピソードを交えて答えていました。津田大介

■会話をしている人

津田大介 (ジャーナリスト / メディア・アクティビスト)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)


 

明治大学教授・齋藤孝が語る『子供に努力をする技術を身に付けさせる方法』

00:15

2013年3月21日に放送されたTBSラジオ「水道橋博士の木曜WANTED!!」に、『声に出して読みたい日本語』でもお馴染み、 明治大学教授の齋藤孝さんがゲストに登場。「国語力」というテーマで水道橋博士と山内アナと話をしていた。そして齋藤孝さんが話していたのが、子供に努力をする技術を身に付けさせる方法について。果たしてその方法とは?
■会話をしている人

齋藤孝 (教育学者 / 作家 / 明治大学文学部教授 / 2人の子供あり)
水道橋博士 (漫才師 / お笑いコンビ「浅草キッド」 / 3人の子供あり)
山内あゆ (TBSアナウンサー / 3人の子供あり)


 

ビビる大木がたまむすび最終回で語った『隠れビビシタンの君へ』

19:35

2013年3月25日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」でビビる大木さんが自身のファンについて語っていた。『たまむすび』の前身の番組『小島慶子キラキラ』から通算4年間、月曜昼のパーソナリティを務めていたビビる大木さんもこの日をもって『たまむすび』を降板。最後に自身のファンについてメッセージを語ってくれました。ビビる大木

■会話をしている人

ビビる大木(お笑い芸人)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)


 

ピエール瀧が語る『信号無視で捕まったけど警察官が揉み消してくれそうだった件』

00:11

2013年3月28日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」でピエール瀧さんが交通警察の揉み消しについての体験談を話していました。高速道路を走っていたものの間違った出口で出てしまった瀧さん。一般道に出て再び高速道路に上がろうとした時に分かりずらい信号を無視してしまい、それを警察に見つかってしまったとのこと。違反切符を切られながらもアレコレ警察官と話していると警官がピエール瀧さんだと気付いたようで、何故かその警官が『上司に電話させてくれ』と言いだしたそうで・・・。ピエール瀧



■会話をしている人物

ピエール瀧 (ミュージシャン/電気グルーブ)
赤江珠緒 (フリーアナウンサー)

 

スポンサード リンク



最新記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。