--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木理が語る【日本原電が活断層認定した学者に抗議文を送っていた件】

00:58

2013年5月20日に放送されたTBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」にて、ジャーナリストの青木理さんが、敦賀原発の活断層問題に関して日本原子力発電株式会社が活断層に認定した学者たちに個別に厳重抗議文を送っていた件について話していました。青木理
■会話をしている人物

青木理 (ジャーナリスト)
町田徹 (経済ジャーナリスト)
荒川強啓 (フリーアナウンサー)
片桐千晶 (フリーアナウンサー)


 
荒川 日本原電(日本原子力発電株式会社)が専門家に個別の抗議文。これは・・

青木 実はちょっと前のニュースなんですけど、東京新聞ってね

荒川 一面で出てますね

青木 関東の、関東の人たちしか読めないんですけど、出てる。他のメディアはほとんど報じてないんですけど、あのぉ、先日、敦賀原発の2号機ですねぇ、に関して活断層があるって

荒川 ええ

青木 原子力規制院階の有識者会合が結論付けたんですね。でまぁ、その是非はともかくとして、これに対して事業者である日本原子力発電が厳重抗議文ってのを出したんですねぇ。

荒川 うん

青木 これ誰に出したかっていうと、その専門者会合、有識者会合にでている学者の先生一人ひとりに厳重抗議文ってのを送ったっていうですねぇ

片桐 個人的に送ったっていうことですね

荒川 それが見出しの『専門家に個別抗議』ってことなんですね。

青木 で、僕今手元にあるんですけど、これね、どう思われますか? つまり、その規制院階に抗議するんだったらまだね、それも変だと思うんだけど、まだ分かる。あるいは、有識者会合全体について『おかしいじゃないですか!』っていうようなことを言うんだったらまだ100歩譲って分かるんだけど、個々の専門家に抗議文を送りつけるっていう体質と言うか発想ね。

荒川 うーーん
片桐 うーん

青木 あのー、実は有識者会合の最後の第五回評価会合ってのでね、そのまぁ、有識者って学者の先生がやっているんですけど、学者の先生がこんなことを仰っているんですねぇ。『本有識者会合のミッションは活断層として認定できるか、将来的に動く可能性があるかどうかというのを科学的に判定するということでお引き受けしたはずなんですけども、純粋に科学で判断して欲しいってことだったんだけれども実際に始まってみますと色々な圧力もあったりしてそういう事とはちょっと離れた段階でリスクポテンシャルを考えたような安全解を求められているようでしょうがないんだ』と。そんな事を発言されているんですね。これどういう事かというと、

荒川 うん

青木 『純粋に科学的に判断してください。』って言われたはずだったのに、色んなところから圧力が掛かって、どうも『それ以外の要素も入れてくれ』っていう意味だっていうことが、こう、受け止められるようなことが沢山あったという風に、その、先生のひとりが仰っているんですよね。

荒川 うーん

青木 まぁこの厳重抗議のことを仰っているのか、まぁ時勢的には厳重抗議の方が後の話ですから分かりませんけれどぉ

荒川 町田さんも原発問題に関してはとても深く取材されていますけれども、これ専門家に個別の抗議文ってコレ(笑)

片桐 うーん

町田 あの原発の問題とかそういうのじゃなくって日本原電っていう会社の組織が凄く変だっていうことを考えた方がいいと思うんですね。

荒川 あぁ

町田 すごく傲慢で、自分たちの主張に関しては、その、相手が公的な仕事をしている場であろうがなかろうが、自分たちの言いたい事をワーワー言うと。抗議してみせると。

荒川 ええ

町田 で、そういうことをやると会社がね、そういうことをやった社員なり個人なりを、会社が『よくやった!』っていう風潮がこの中にあるって考えた方がいいんですね。

青木 ただ・・

町田 つまり、会社として物凄く傲慢で、で、原発ってものが福島第一原発事故の後、どういう風に皆がキチッとやってくんないと安心できないって思っているかってことがね、未だに理解できないっていうことの裏返えしでもあるわけですね。と私は思います。

荒川 うん

青木 仰る通りで、だから、こういう会社が原子力発電所を運営していいのか?っていうことなんですよね。

荒川 うん

青木 僕らみたいなメディア関係者もよく分かるんですけど、そのぉ、日本原電だけに限らないんですけど、例えば電力会社のね、その、僕らのメディアに抗議してくることもあるわけですよ。

荒川 うん

青木 僕らも間違えればもちろんお詫びするんですけど、物凄く細かく物凄く傲慢に抗議されてくるんですよね。

荒川 うーん

青木 あの、メディアに対する抗議はいくらでもしていただいて結構なんだけど、この科学者、専門家にね、個別に厳重抗議文なんてものを送りつけるセンス?だから町田さんが仰っている通り、傲慢?こんな会社が原子力開発をやっていいのかって、やっぱりもう一回考えた方がいいんじゃないかと

荒川 『組織そのものとしての体をなしてない』って言われたわけでしょ?

町田 組織が腐っているんです。

荒川 ですよねぇ?

町田 だから社員の行動パターンについても、評価する基準も狂っているからこういうことを、あのぉ、こういうことが横行しちゃうんですね。だからコレ本当に問題だと思いますよ。

荒川 そうですねぇー。ホント驚くことが、これ現実となって行われているっていうことですもんね。

青木 あと残念なのは、これねぇ、ほとんど報じられていないんですね。東京新聞は一面にしましたけど、だから地方の方なんかは是非、ネットで東京新聞のニュースなんか見ても良いかもしれないですね。


と話していた。
 
関連記事

スポンサード リンク


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。