--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川翔子が語る【死のうと思っていた自分を救ったジャッキーチェンと岡野さん】

02:03

2013年6月3日に放送されたTOKYO FM「ビビる25」にタレントの中川翔子さんがゲストとして登場。10代の頃は本当にネガティブで毎日死にたいと思っていたという中川翔子さんがポジティブに生まれ変わった切っ掛けを話していました。ジャッキー・チェン、神ですね。中川翔子とジャッキー・チェン
■会話をしている人物

中川翔子 (タレント / 歌手)
ビビる大木 (お笑い芸人)
宮島咲良 (みやじまさくら / フリーアナウンサー)



大木 マイナス思考がこんなにプラスになって行くってさぁ・・

中川 でも逆にぃ、ワタナベエンターテイメントで良かったんだと思います。最初はワタナベ入る前はジャッキー・チェン事務所に居たんですよ。

大木 ジャッキー・チェン事務所?なにそれ?
宮島 ジャッキー・チェン?

中川 もう無くなっちゃったんですけど、日本支部ってのがあって、それで、あの、芸能界なんて全く思っていなかった時に、そう、すごい落ち込んだ時に香港に母と行ったら、斜め前にジャッキーさんが座っていてご飯を食べていて

大木 本人!?

中川 本人が

宮島 偶然ですか?

中川 いやもう本当に『死にたい死にたい』って毎日言っていて、『せめて生きているうちに生でジャッキーさんを見れたらいいよね』なんて落ち込んでいたら斜め前に本人が居て、

大木 うわぁー!
宮島 あぁー、そっか

中川 で、あのぉ、単なるファンでしかないし、もう居たからぁ、神様だからぁ、ポロポロ涙が出ちゃって。でもスターがご飯を食べている時にね、声を掛けられたら嫌じゃないですか。だから黙ってひたすら泣いていたらジャッキーさんの方から『どっから来たの?日本から来たの?』って話しかけてくれて。

大木 うん

中川 で、オタク情報から言うと、腰に怪我をしていたのにジャッキーさんが歩いてきてくれて、『もう僕が払ったからいいよ』って。

大木 御馳走してくれたの!!?
宮島 えっ!!

中川 そうなんですよ、単なるファンですよ?

大木 ジャッキーが?
宮島 すごっ!

中川 そうなんですよ。神様ですよね。

大木 すごいなぁ

中川 ミッキーのような笑顔で、最後まで去っていって。サインもくれて。・・もうだから『直接ありがとうって言える人になりたい!』って初めてポジティブが浮かんだというか。

中川 で、先日ちょうど、ホントに共演させていただいて

大木 会ったの!?
宮島 すごーい!!

中川 会ったんです。もう、夢のようです。アクションをね、映画『ライジングドラゴン』で、もうアクションは封印って仰っていたんですけど、CMでなんですけど、カンフー映画の世界でジャッキーさんに助けてもらって、広東語で話してみたいな。もうホントに夢で、イラストをこうお渡ししたんですけど、ジャッキーさんがその後カニしゃぶに連れていってくださって、

大木 メシ行ったの、ジャッキーと!?
宮島 えぇー。

中川 メシ行ったんです、ハハハ(笑)。

大木 すごいねぇ

中川 生きてると・・・だから十代の頃の自分に教えてあげたいなと思ったのが、もう『死んだらダメだ!』と。生きていれば、夢って言っていれば叶うかもしれないし繋がっていくかもしれないし・・

大木 繋がったねぇ

中川 また別に広がっていくかもしれないし。だから人生って何が起こるか分かんないですよね。

大木 えっ!そのジャッキー事務所に所属してたの?

中川 所属していました。えーと、ジャッキーがトップのジャッキー・チェン事務所ってのが香港にあって、その日本支部を作ろうと思ったみたいで。でもまぁ辞めて、『どうしようかな』となっている時に、せっかくミスマガジンにはなっていたので、私だけ宙ぶらりんだったので、『勿体ないから』ってことで紹介していただいたのがワタナベで、

大木 ほーぉ

中川 でも最初は全然、あの、泣かず飛ばずで、もうあのぉ、『あの子気持ち悪いから辞めさせなさいよ』みたいな

宮島 え!?
大木 うん、噂は聞いていたよ。

中川 すごい候補に、クビ候補にずっとなっていたんですけど

大木 きも、気持ち悪い子が居るってずっと噂になっていたよ。しゃ、社内で有名だったもん。『気持ち悪い奴が居る』って。

中川 『気持ち悪いから辞めさせろ』っていうのは、ずっと言われてたんで。でも良かったと思ったのは、こう、私も本当に落ち込んでたんで、何か発散できる場所がないと本当に死んじゃうなと思ったんでブログやらしてもらったんですね。写真と文章でやれる、趣味を発散できる場所。

大木 うん

中川 当時のね、もう辞めちゃったんですけど岡野さんってマネージャーさんが、あのぉ、『いやこの子は・・』あのぉ、『俺が続けさせるんで!』みたいに守ってくれたお陰で、こう、ブログを始めさせてくれて、自由にこう、変顔したりコスプレして外に出たり色々してたんですけど、それが切っ掛けで色んな方に見て頂けるようになって。ホント岡野さんの、岡野さんのお陰です。


と話していた。




【あわせて読みたい】伊集院光、ピエール瀧が語る『今いじめられているお前、将来伸びるから!(笑)』
【あわせて読みたい】町山智浩が語る『ジャッキー・チェンにダッチワイフを渡したらマジギレされた話』
 

スポンサード リンク


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。