--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷ノブ彦が語る【恋い焦がれたビートたけしとの初体面で泣かされた】

02:20

2014年5月13日に放送されたニッポン放送『大谷ノブ彦キキマス!』にて、ダイノジの大谷さんがお笑い界の大御所ビートたけしさんとの初体面の時のエピソードを語っていました。ビートたけしさんの良い話は沢山ありますよね。本当に器の大きな人物なんだと思います。ちなみに、今回の大谷さんの話と酷似したエピソードをダウンタウンの松本さんが話しています。詳しくは記事本文の下のリンクからどうぞ。ダイノジ 大谷ノブ彦

■会話をしている人物

大谷ノブ彦 (お笑いコンビ「ダイノジ」)
マキタスポーツ (お笑い芸人 / オフィス北野所属)
脊山麻理子 (フリーアナウンサー)



大谷 ビートたけしさんのところに初めてお会いした時にね。

マキタ うんうん

大谷 僕はそのぉー、たけしさんに・・呼ばれてくれたんですよ、ネタに。

マキタ うんうん

大谷 ほんでぇー、行った時にご挨拶した時にぃ、わざわざ席立ってさ、サーッと寄ってきてさ、あの人直角に挨拶するんですよ。

マキタ うんうんうん

大谷 『どうもよろしくお願いします。はじめまして、ビートたけしです』って言われちゃってさ。

脊山 へぇーー

大谷 そんなさぁー・・

マキタ アハハハ!アハハハ!(笑)

大谷 思ってたたけしなんですよ!!トイレに入ってさぁ、もう泣いちゃって。涙止まんなくなっちゃって

マキタ 今も泣きそうじゃねぇーか!(笑)

一同 アハハハ(笑)

大谷 その、自分が恋い焦がれたたけしさんなのね。それって。

マキタ うんうんうん

大谷 うまいよなぁーとか思うの。

マキタ うまいし凄いよねぇー。そういう事が出来ちゃうのはね。


と話していた。



【あわせて読みたい】 松本人志が語る『ビートたけしに深々とお辞儀された話』
【あわせて読みたい】 とんねるず石橋貴明が語る「素人時代に会ったビートたけしとタモリ」
【あわせて読みたい】 うしろシティ金子学が語る【初対面で惚れた笑福亭鶴瓶という男】
 
関連記事

スポンサード リンク


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。