--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツコ・デラックスが語る「小島慶子キラキラが打ち切りになった本当の理由」

12:50

2012年03月13日に放送されたTBSラジオ「小島慶子 キラキラ」にてゲスト出演していたマツコ・デラックスさんが番組が終了する本当の理由を語っていた。

ふしぶしで円満降板であることを強調していた小島さんだが、この日ゲストのマツコさんが「誰も言わないことを言うのが私の仕事でしょ?」と小島慶子降板の理由を語りだす。果たして小島さんのリアクションとは・・。


・補足情報

以前小島さんは、番組プロデューサー(石垣富士男)に「40代、50代男性で自営業の人を意識したしゃべりをしてください」と依頼されるも、「特定の年代に向けて喋ることは出来ない」と番組降板を決めた経緯を番組内で説明。それを聞いたリスナーからTBS側に非難が募り、後日TBS側が「一定の成果を出せたと判断し番組を3月いっぱいで終了する」という公式見解を発表する事態になっていた。




■会話をしている人

小島慶子(ラジオパーソナリティ 元TBSアナウンサー)
マツコ・デラックス(コラムニスト)
堀井憲一郎(ライター)


小島 私がさぁ、引きづり降ろされたんなら痛みもあるけど、私ぃーゎ私でね、『番組はどうなるか分からないけど私は降ります』って言ったら、TBSさんが『じゃぁ番組も終わらせます』ってことになっちゃったんで、全部がお終いになっちゃったんでリスナーさんが寂しいかって・・

マツコ あーーー。被るのねそうやって最後まで、最後自分が。被っちゃうのねそうやって。

小島 え?ズラじゃないわよ?

マツコ うわぁー、そんな落語家みたいな切り返しを覚えやがってこの野郎(笑)

小島 ええ落語が詳しいオッサンここに座っているから(笑)さっきからずっと黙ってるけど・・

堀井 被るってことは違うんですか、事実とは?

マツコ いやぁーぁ、そんな綺麗な話じゃないでしょう。何かが終わる時って揉め事がセットになってるでしょ?

小島 私、1月26日に放送で喋ったのが私が降板したいって言った理由なんだけど、実はキラキラって番組が何で3月いっぱいで終わるかって理由はTBSの公式見解を番組で読んだけどね。2月の頭に。公式見解以外の本当の理由は知らないよ私は。

マツコ あっそう。

小島 そりゃTBSの人も私はもうタレントだから喋ってくれないでしょ私には

マツコ じゃ、私が今テキトーに本当のこと話す?

小島 えっ!?なんなんだろ?

マツコ フフフ(笑)なんだろうって?

小島 マツコの思う本当って

マツコ なんだろー!?あんた嫌われてるんだと思うよ、私。

小島 アハハハハ(爆笑)

マツコ 基本的にオヤジとかから嫌われるタイプじゃないあなた。

小島 私ねぇ、15年局アナやってねぇ、本当に適正に限界を感じて辞めたのは正にそれなのよね。男性優位社会の中で得をするのが女性アナウンサーだから・・

マツコ おっ始まったぞほら(笑)

小島 男性優位社会に馴染めない人間が女性アナウンサーをやっぱ続けられなかったね

マツコ だって女子アナってやっぱりホステスだよ

小島 基本ね、うん

マツコ うん、だからホステス業・・・でも私別にこれ本物のホステスさんを見下して言っているんじゃないよ

小島 うん、じゃなくて

マツコ 本物のホステスさんは素晴らしいわよ。ホステス紛いよ。女子アナは

小島 しかも男性からそうあって欲しいという役割を負わされるっていう面があるしね

マツコ あんたなんかさぁ、本当、たぶんどこ行ったってねぇ、こうなるよ。

小島 本当?

マツコ しょうがないって、そういう女はどこ行ったってしょうがないのよ。だって政治家だってなんだって皆ホステスじゃない。

小島 まぁねぇ。

マツコ そうでしょ、女が男権社会で生きていこうって思ったらホステス紛いのふりを出来る女じゃないと生き残っていけないのよ

小島 もの凄い共感する

堀井 この番組は社員じゃない時代にやってたんじゃないですか?

小島 うん?この番組自体は社員時代に始めて途中で社員じゃなくなったんですけど・・

堀井 それは変わらないんですか?社員じゃなくなったってことで。

マツコ 余計に気に入らないのよ。社員でいてくれれば社員のカネで済むのに何でフリーになったて続けてるんだこの野郎って思うじゃない向こうは

小島 そうかしらぁ?

マツコ そうよ、『今まで手の平で転がしていたと思っていた小娘が急に生意気なこと言いやがって!』ってカチンと来てんのよ

小島 なに、タダでヤレた女がいきなり金を取るようになったうえに

マツコ あたりま・・そりゃそうじゃないー!

小島 その上に何か『カネ払ってやっているから有り難いと思え』って言おうと思ったら『私が喋りたいことを喋りたい』なんて冗談じゃねぇ!ってそういうこと?

マツコ そういうことよアンタ!

小島 うっそ、考えたこともなかった、そんな恐ろしいことー!

マツコ 嘘つけ!考えたことあるだろぉ!

小島 ウフ

マツコ 考えたことあるだろ!本当に!

小島 アハハハ(笑)

マツコ 久しぶりに会ったら風俗嬢になってたみたいなもんよ。なんだこの野郎、カネ取んのか!っていう話よ

小島 いやぁマツコさん、よくそれだけ言いたいことを言って放送局の人と喧嘩になんないね。

マツコ 喧嘩はいっぱいしているわよ。

小島 本当。うっそぉーなんか握手していい?手、柔らかいわぁ。

マツコ ラジオで握手すんの?(笑)いやいやいや、これはあくまでも私の個人的見解ですからね

小島 そうよ、今の私もマツコさんの仮説に則った、あのー、見解ですからね

マツコ あの、小島慶子の主張ではございませんので、リスナーの方。

小島 仮説です!

マツコ ね、仮説です

小島 仮説ひとつ言うのにもまぁ人の心拍数をあげるわね


と話していた。

 

【あわせて読みたい】 小島慶子が語る「局アナ時代ずーっと苦しかった。職業選択を間違えた。」
【あわせて読みたい】 西寺郷太が語る「小島慶子とマドンナの共通点」
【あわせて読みたい】 カンニング竹山が語る『ニュース探究ラジオDigが打ち切られた理由』
 
関連記事

スポンサード リンク


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。