--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤優が語る「沖縄は亜民族。分離独立の可能性もある。」

03:00

2012年10月23日に放送されたTBSラジオ「ニュース探究ラジオ Dig」にて、「頂点に達した沖縄の怒り!基地問題に解決策は在住するのか?」というテーマで米軍基地問題で紛糾する沖縄について語られていた。そこで、母親が沖縄出身でもある元外交官で作家の佐藤優さんが沖縄の独立の可能性について力説していた。
■会話をしている人

佐藤優(作家/元・外務官僚)
神保哲生(ビデオジャーナリスト)
外山惠理(TBSアナウンサー)


外山 え?アメリカは日本と沖縄は別だと思っているんですか?

佐藤 アメリカは実はここをね、あの、おー、非常に難しいところなんですよ。私の母親は14歳の時に沖縄に従軍するんです。

神保 うん

佐藤 それで、軍属だったんですね。14歳でお給料をもらいながら医師部隊っていう軍にいて一緒に仕事をしていて、その3カ月以上ずーっと軍と一緒に逃げて、最後、摩文仁の丘ってのがあるんですけどね、そこの所で手りゅう弾を2つ持って最後自決しなければいけないっていうところを、その、手りゅう弾の栓を抜いてアメリカ兵に見つかって、17人その壕の中に行ったんですが、サンゴ礁に打ち付ければ4秒から5秒で爆破して全員死ぬんですよ。そこの壕ですぐ横にいるアヤメって名前の北海道出身の伍長が、手を挙げて下士官が、あの『死ぬのは捕虜になってからもできる。』と。『捕虜になろう』と。言って捕虜になったんですね。

神保 投降したんだ。うん。

佐藤 それで捕虜になった時に送られたのは今の辺野古の所にある大浦湾の琉球人収容所なんです。

神保 なるほどね

佐藤 当時アメリカの政策は、琉球人と日本人は別民族だと。

神保 うん。

佐藤 それでだから別の収容所に入れられて、それは別途の扱いを受ける訳ですね。それで1960年代に、琉球民政府っていうところで、あの、作られた。ジョージ・カーっていう、有名な、あのアメリカの沖縄学者が作った『琉球の歴史』っていう本でも、日本人なのかそうじゃないのかってのは非常に中途半端な書き方しています。

神保 沖縄の人を。うん、うん。



更に次のように語っていた。



佐藤 実は民俗学の立場から言うと『亜民族』っていう概念があるんです。亜熱帯ってのは熱帯じゃないですよね。

神保 あー。

佐藤 亜民族ってのは民族じゃない。これはどういうのかと言うと、元々例えば会津人だって歴史の巡り会わせが違えば、あれだけの戦争(注:詳しくは会津戦争を参照)をしているわけですからね、もしかしたら別民族になっていたかもしれない。

神保 うん

佐藤 薩摩人だって別民族になっていたかもしれない。

神保 うんうん

佐藤 民族ってのは我々昔からあるように思っているんですけど、アーネスト・ゲルナー、イギリスの社会学者。ベネディクト・アンダーソン、アメリカの政治学者。たちの研究だと200年から250年ぐらいしか遡れないと、一番古くても。

神保 あぁ

佐藤 日本なんてのもかなりアジアで遅く民族が生まれているんですね。そうするとそこの周辺地域で亜民族っていう人たちがいて、今の民族に必ずしも完全には同化できない、独自の言語、独自の文化、独自の習俗を持つ。その人たちはもし歴史の巡り会わせが違えば独立することもできた。

神保 うん

佐藤 あるいは歴史の巡り会わせが違えば隣にいる別の大きな民族

外山 うん

佐藤 沖縄の場合中国ですね

神保 うんうん

佐藤 この一部になることができたと。こういう亜民族ってのがいるんですよ。沖縄は、私は亜民族だとみているわけです。

神保 うん

佐藤 そうすると、そういったところには本当に注意した接し方をしないと『ちょっと待ってくれ。家族の扱いをしていないな!』と。『舐めるんじゃねぇ!』ってことになると『じゃぁ自分たちの道を行こう』ってことになるんです。現に国連に加盟している、あの、国でも、今沖縄の人口は140(注:約140万人)ですよね。

神保 うんうん

佐藤 ね。国連加盟国でも40数か国、140万人以下の国があります。それは、あの、ほとんど島の国です。それから沖縄の歴史ではですね。ペリーが浦賀に来ましたよね。

神保 うん

佐藤 そして日米和親条約を結んだ。あれは1854年です。まだ江戸時代です。

神保 はい

佐藤 その1854年にペリーは浦賀から帰る時に那覇によっているんです。そこで琉球王国と琉米修好条約って条約を作っているんです。そしてその翌年にはフランスと琉球王国で琉仏修好条約っていう条約を作っているんです。それから更に1859年、この時には琉蘭修好条約っていう条約を作っているんです

神保 オランダ

佐藤 はい。当時の帝国主義時代の帝国列強三国から国際法の主体だって認められているわけですよね。

神保 ああ

佐藤 仲井眞さん(注:仲井眞弘多/沖縄県知事)が今、アメリカに行くっていう背後の意図も『我々は元々アメリカとは対等の立場で交渉をした国家っていう歴史があるんだ』っていう、その歴史の記憶が蘇っているんですね。

神保 具体的にちょっと国際法の話を佐藤さん。もし本当にね、沖縄がじゃあ分離独立したいって言った場合には、まぁ日本政府はたぶん『ダメだ』って言うんでしょう。

佐藤 はい

神保 どういう、あの具体的な流れになるんですか?

佐藤 分離独立に関しては想定されていないから法律はないですね。

神保 ない。ない、うん。

佐藤 超法規的なことになるんですけども、常識的に考えてまず起きるのは県民投票ですね。

神保 県民投票。うん。

佐藤 県民投票で独立の是非を問うってことになって、それが8割を超えれば、国際基準で独立可能になりますね。

神保 うん、国際社会がそれを認めることになってしまうってこと。うん。

佐藤 それからあと、今年ですね、国連の人種差別撤廃委員会から『琉球人、沖縄人ってのは少数民族で、それに対する差別政策があるんじゃないか?』っていうことについてNGOから質問がきていると。それに答えろってことで、実は日本政府は7月の31日に勧告書に対して答えているんですよ。

神保 うん

佐藤 国際的にはそういう所まで沖縄の問題ってのは深刻になっていますね。

外山 うん

佐藤 ちなみにこれはホームページに質問の文章は英語のまんまPDFファイルにして、回答の部分だけ日本語にしてでていると。日付も書いていないという非常に不思議な、出来るだけ目に触れないように、しかしこれは明らかに備えで後でマズイことになるって官僚的な悪知恵でホームページに載せていますね。

神保 どこのホームページ?

佐藤 外務省の。日本の外務省。公式なホームページです。(参照:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/

外山 え、なんて答えたんですか?

佐藤 それに関しては、『一部に別民族って言う人がいるけども別民族ではない』と。『辺野古に関しても差別は全くない!』と。『沖縄の侵犯に関しても差別は全くない』と。

外山 え?でもそれは沖縄の人が答えているわけじゃないですよね。

佐藤 日本政府が答えています、そうやって。

外山 うーん

佐藤 こういうのが、もし大きく報道されると、今日これでラジオで話していますと沖縄でも沖縄の関係者の人達ってのはそこでホームページを開けると思うんですね。みんなまた怒るわけですよ。

外山 うん

佐藤 『我々に相談せずに何でこんな勝手なことを言っているんだ!』と。『差別はないだと?ふざけるな!』と。こういう感じになっているんですね。

外山 えーー



更に次のような話もしていた。



佐藤 今日の琉球新報のコラムを見ていると、非常に面白いのは、あの、那覇市が今度採用試験でですね、沖縄方言を採用したと。うちなーぐち、沖縄ぐちで挨拶、会話を採用したと。これも物凄い大きいわけです。言語の回復に向かって運動が始まっているわけですね。『我々は日本と別の言語を元々持っていてその言語っていうのは無くなってしまった。奪われて・・奪われかけている。』と。『それでだから、もう一回我々の言語を復興していくんだ』っていうことのスタートですよ。

神保 ・・・(ため息)

佐藤 ですから沖縄は今根幹から変わりつつある。その様子が見えてくるのがですね、あと1、2年経った後では東京でも沖縄で深刻なことが起きているってこと、これが見えてくることになると思うんです。

外山 ようやく

佐藤 はい、だいたいそれくらいのタイムラグがあるんです。

神保 うーん

佐藤 それで私の場合は既視感があるんですね。デジャブ感があるんです。

神保 ええ、既に見た感覚があると。

佐藤 それはどうしてかというと、ソ連の崩壊のプロセスなんです。

神保 うーん
外山 えぇ!

佐藤 ソ連崩壊のバルト三国。このバルト三国で1988年くらい。ようやくゴルバチョフさんのペレストロイカが軌道に乗ってきた頃にですね。数百人のソ連から独立を求める集会が8月にあったんです。

神保 数百人

佐藤 その時みんな笑ってたんですよ。『ソ連からの独立なんてあり得るはずがない』と。

神保 ないと。

佐藤 その時集会をやってた人もそう思ってたんです。ところが三年後には、現実にソ連から独立して1991年の12月にはソ連っていう国家が無くなっちゃいました。

神保 うん

佐藤 それと同じくらいのインパクトのことが今沖縄で起き始めているんですね。


と話していた。



【あわせて読みたい】佐藤優が語る沖縄問題「沖縄は植民地。国は沖縄県民にバレないように暗号を使っている。」
【あわせて読みたい】那覇市長が語る「衆院選挙と沖縄独立」
 
関連記事

スポンサード リンク


コメント

  1. 今岐阜人 | URL | ECn66tzA

    佐藤優氏の三国志

    佐藤氏は親露派外交官として有名でした。佐藤氏の主導する新沖縄(琉球)独立国はロシアと安全保障条約を締結する意図でしょう。日本はヨワッチョロイ、米国はコリゴリ、中国は野蛮すぎ、で残りの超大国は佐藤氏が外交官人生を賭けたロシアになるわけです。ロシアは資源エネルギー大国で、沖縄を食べさせるくらいは楽勝です。ロシアも数百年来の夢だった本格的な太平洋進出が叶います。日米にとってのメリットはロシアに援助された沖縄が中国と日米との緩衝国家としての役割を果たすことです。尖閣問題は中露両大国の問題になるわけです。しかし最後は米国が沖縄をどうしたいかで、米国の保護国である日本には何の決定権もありません。

  2. shinji.yamamoto | URL | mQop/nM.

    総合研究大学院のプレスリリースについて一言

    総合研究大学院のプレスリリースについて一言。Y染色体ハプロタイプでは、本土日本人は「DE系統D亜型D2A」と「NO系統O亜型O2B1/O3」とのほぼ半々の混血と結果が出ていますし、この点は、今回、総合研究大学院のプレスリリースである意味、裏付けられたという事が言えます(Y染色体ハプロタイプも参考にして方向性を定めたのでしょう)。しかし、総合研究大学院の調査方法では、アイヌ人(D2*)と本土日本人(D2A)の遺伝的違いが判別出来なかったということです。アイヌ人(D2*)は、縄文人(D2A)ではなく、同じ系列(D2亜型)の別集団(D2*、C3(13%)亜型が入ったのが証拠、但しD2Aも10%)と考えます。言語が違うのもそのせいでしょう(アイヌ人を差別しているわけではありません、念のため)。琉球(D2A)と似ているのは、本土日本人(D2A)でしょう。アイヌ人(D2*)とは若干の違いはありますが、本土日本人のD2Aに近い系統と言えます。朝鮮人(O2B*)と日本人(O2B1)は、O2Bとしては系統が近いですが、若干異なるので、韓国人=弥生人とはならないでしょう。ここまでは、Y染色体ハプロタイプで説明しましたが、問題はmtDNAです。日本はmtDNAに関しては調べつくしたと思いますが、mtDNAとY染色体の結果が何故異なるのか、東ヨーロッパでも似た現象が発生していますが、現在のところ、原因がわからない点がジレンマとなっています。総合研究大学院の(mtDNAではなく核遺伝子を使用した)調査方法は、mtDNA、Y染色体とはまた別の方法である為、ある意味、より真実に近い結果が得られるかもしれませんが、この方法では、アイヌ人と日本人、琉球人共通の「DE系統D亜型」内の違いと、弥生人と韓国人の「NO系統O亜型」内の違いまでは判別は出来ない欠点があります(Y染色体ハプロタイプと違い、常染色体では系統分析が出来ないのです)。総合研究大学院のプレスリリースは微妙に正直であるといえます(総合研究大学院は、数学的にこうだと言っているだけであり、系統分析を行っていません)。一番重要な点はその内容を飛躍して考えないようにした方がいいという事です。例を上げると、弥生人の渡来ルートとして、「朝鮮半島経由」については、現段階では否定できませんが、日本の稲の遺伝子パターン等から、依然として別のルートの可能性も考えられるという事です。私は北海道人(道産子)ですが、北海道人は小生意気な「東京」野郎にはうんざりしています。北海道も独立紛争を起こしますがよろしいですね。(北海道も独立の歴史があります。お忘れ無く。)

  3. shinji.yamamoto | URL | mQop/nM.

    総合研究大学院のプレスリリースについて一言

    もう一点、北海道が独立した場合、本州は比較的楽に制圧できるでしょう。そうなれば本州は北海道の植民地となりますね。冗談ですが、もう少し、見方を変えた方がいいでしょう。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。