--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木理が語るカジノ法【そもそも日本の公営ギャンブルが酷すぎる件】

13:59

2014年6月23日に放送されたTBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」にてジャーナリストの青木理さんが通称カジノ法について話していました。公営ギャンブルやパチンコを加味すれば日本は世界屈指のギャンブル大国であること。公営ギャンブルなんてカジノより数倍ギャンブル性が高いことなどを数字を交えて解説していました。青木理

■会話をしている人

青木理 (ジャーナリスト)
荒川強啓 (フリーアナウンサー)
片桐千晶 (フリーアナウンサー)




憲法学者・木村草太が語る【集団的自衛権行使が違憲となる理由】

02:16

2014年6月16日に放送されたTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』で憲法学者の木村草太さんが集団的自衛権が違憲となる理由を説明していました。番組終盤に木村さんが、「集団的自衛権について取材を受けるがハッキリとした違憲なので5分で説明が終わってしまい、その後に話す政治的な内容ばかり使われる」と漏らしていたので急きょ予定変更してポイントをレクシャーしてもらうことになりました。木村草太

■会話をしている人

木村草太 (憲法学者 / 首都大学東京准教授)
金井辰樹 (東京新聞政治部長)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)





大谷ノブ彦が語る【恋い焦がれたビートたけしとの初体面で泣かされた】

02:20

2014年5月13日に放送されたニッポン放送『大谷ノブ彦キキマス!』にて、ダイノジの大谷さんがお笑い界の大御所ビートたけしさんとの初体面の時のエピソードを語っていました。ビートたけしさんの良い話は沢山ありますよね。本当に器の大きな人物なんだと思います。ちなみに、今回の大谷さんの話と酷似したエピソードをダウンタウンの松本さんが話しています。詳しくは記事本文の下のリンクからどうぞ。ダイノジ 大谷ノブ彦

■会話をしている人物

大谷ノブ彦 (お笑いコンビ「ダイノジ」)
マキタスポーツ (お笑い芸人 / オフィス北野所属)
脊山麻理子 (フリーアナウンサー)




姜誠が語る韓国の体育教育とセウォル号事故【韓国国民の8割は泳げない】

21:33

2014年5月20日に放送されたTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』にてルポライターの姜誠(カンソン)さんが韓国の体育教育とセウォル号事故との結びつきについてお話ししていました。韓国国民の8割は泳げないし、海洋警察でさえも3割はカナヅチだというのは驚きました。泳げないから逃げられないし、助けられないわけだ。姜誠

■会話をしている人物

姜誠 (カンソン / ルポライター / 在日コリアン三世)
小西克哉 (国際ジャーナリスト / 国際教養大学客員教授)
荒川強啓 (フリーアナウンサー)
片桐千晶 (フリーアナウンサー)




鳩山由紀夫元首相が明かす『トラストミー発言の真実』

20:59

2014年4月24日に放送されたTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』にて鳩山由紀夫元首相がゲスト出演していました。お笑い芸人のプチ鹿島さんが森喜朗首相はいちコメンテーターにしたら一番面白いと言っていましたが個人的には鳩山由紀夫さんの方が面白いと思います。話には必ずオチがあるんですよね。

■会話をしている人物

鳩山由紀夫 (第93代内閣総理大臣 / 東アジア共同体研究所理事長)
山田五郎 (美術評論家 / タレント / コラムニスト)
荒川強啓 (フリーアナウンサー)
片桐千晶 (フリーアナウンサー)




マキタスポーツが語る『晴れ男俳優の神話が守られていく現場』

16:20

2014年4月19日に放送されたTBSラジオ『東京ポッド許可局』のエンディングトークにて、マキタスポーツさんが「晴れ男」の話をしていました。なんでも映画の現場で有名な晴れ男俳優さんがいるそうで・・・。
■会話をしている人物

マキタスポーツ (お笑い芸人 / オフィス北野所属)
プチ鹿島 (お笑いタレント / オフィス北野所属)
サンキュータツオ (漫才コンビ「米粒写経」のツッコミ / オフィス北野所属)




伊集院光が語る【スポーツジムの張り紙の真相】

03:27

2013年12月17日に放送されたTBSラジオ『伊集院光の深夜の馬鹿力』にて伊集院さんがスポーツクラブでの珍体験を話していました。私(ブログ管理人)もスポーツジムに通っていて似たような経験をしているのでとっても共感できました。伊集院光
■会話をしている人物

伊集院光(お笑い芸人)
渡辺雅史(構成作家 ※笑い声のみ)



有吉弘行が語る『芸能人御用達歯科で受けた恐怖体験』

04:05

2012年8月19日に放送されたJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』にて有吉さんが歯医者での恐怖体験を語っていました。かかりつけ歯科医院がお盆休みのため初めて訪れた歯科医院で驚くべき対応を受けたそうです。
■会話をしている人物

有吉弘行 (お笑い芸人)
すぎ。(お笑いトリオ「インスタントジョンソン」)




博多大吉が語る【魚屋の主人が老けていて肉屋の主人が若い件】

01:05

2014年2月12日に放送されたTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」には作詞家・コラムニストとして活躍しているジェーン・スーさんが登場。歳をとるにつれて食生活が変わったという話しに。「最近あまり肉が食べられなくなった」と共感しあう3人。大吉さんが思いだしたように話したお肉屋さんと魚屋さんの比較についてでした。博多大吉

■会話をしている人物

ジェーン・スー (コラムニスト)
博多大吉(お笑いコンビ「博多華丸大吉」)
赤江珠緒(フリーアナウンサー)




久米宏が語った【ロシア女は美しいが17過ぎると見る影もないビア樽になる】

18:09

2014年2月15日に放送されたTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」のオープニングトークにて久米宏さんがロシア美女についての問題発言をしていました。前の週の放送で「ロシア美女は世界で一番。ただし17歳まで」という発言をしていた久米さん。今週はその発言に対するフォローだと思いきや更なる暴言をしてらっしゃいました。久米宏

■会話をしている人物

久米宏 (フリーアナウンサー)
堀井美香 (TBSアナウンサー)




武田鉄矢が語る【皿洗いのバイト帰りに妊娠7か月の女房と笑いながら登った貧乏坂】

13:39

2014年1月27日に放送された文化放送「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」にて、武田鉄矢さんがご自身の貧乏エピソードを語っていました。この日はターリ・シャーロット著の『脳は楽観的に考える』という本を取り上げて「陰気な猿は猿のまま。楽観的な猿のみが人間になった。」という言葉を交えながら人間の進化の過程の紹介。そして武田さんご自身のどん底エピソードに話が及びました。泣けます。武田鉄矢

■会話をしている人物

武田鉄矢 (歌手 / 俳優)
水谷加奈 (文化放送アナウンサー)




鈴木おさむが語る【森三中、大島美幸と交際ゼロで結婚した理由】

18:05

2014年1月23日に放送された文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に放送作家の鈴木おさむさんがゲストに登場。レギュラー番組26本という業界屈指の人気放送作家である鈴木おさむさんはお笑いトリオ森三中の大島美幸さんの旦那さまとしても有名ですよね。そんな鈴木おさむさんが大島さんとの結婚のいきさつを話してくれました。鈴木おさむと大島美幸

■会話をしている人物

鈴木おさむ (放送作家)
大竹まこと (お笑いトリオ「シティボーイズ」)
光浦靖子 (お笑いコンビ「オアシズ」)




経済学者・飯田泰之が語る【若者の婚姻率低下の原因】

01:59

2014年1月13日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」のテーマは「成人の日に若者"について考える」。話は若者の結婚におよび、飯田泰之教授が若者の婚姻率低下の原因について言及していました。確かに、僕の祖母祖父の時代とは結婚観も全く変わりましたからね。飯田泰之
■会話をしている人物

飯田泰之 (経済学者 / 明治大学准教授)
永田夏来 (兵庫教育大学学校教育研究科助教)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)




憲法学者・木村草太が語る【首相の靖国参拝と政教分離の論点】

21:54

2013年12月10日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」のテーマは政教分離。新進気鋭の憲法学者、木村草太さんが憲法学の観点から靖国参拝と政教分離について解説されていました。木村草太
■会話をしている人物

木村草太 (憲法学者 / 首都大学東京准教授)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)




社会学者・橋爪大三郎が語る【創価学会と公明党の政教分離違反】

03:33

2013年12月10日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」は政教分離をテーマでした。話題は当然のごとく創価学会と公明党の関係に及び、番組から創価学会への質問状を紹介。社会学者の橋爪大三郎氏がぶった切っていました。橋爪大三郎
■会話をしている人物

橋爪大三郎 (社会学者 / 東京工業大学名誉教授)
木村草太 (憲法学者 / 首都大学東京准教授)
荻上チキ (批評家 / 「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)
南部広美 (フリーアナウンサー)




スポンサード リンク



最新記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。